header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
  マイページ

ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
日本教文社 -総合情報ページ- >  > 雑誌「ムー」に、イアン・スティーヴンソン博士の追悼特集

雑誌「ムー」に、イアン・スティーヴンソン博士の追悼特集

精神世界関連の雑誌「ムー」7月号に、本ブログ2/23(2007年)でご紹介した、「人間の生まれ変わり現象」研究の世界的権威イアン・スティーヴンソン博士(2月8日死去)の、大きな追悼特集が組まれました。 15ページにわたり、博士の生涯と研究内容、生まれ変わりなど超心理現象の顕著な事例、代表的著作が紹介されています。 たいへんよくまとめられた記事で、これを読むだけでもスティーヴンソン博士の転生研究の全体像がよくわかります。 以下、記事の見出しを紹介します。 ◎生まれ変わり研究の功労者スティーヴンソン博士 ――2500例もの膨大な事例資料を調査!/生まれ変わりの研究に生涯を費やした博士 ◎前世を記憶する子どもたち:ヨーロッパ編 ――死んだ姉たちと双子姉妹の類似性/アフリカで生きた前世をもつ男の子 (書籍紹介『前世を記憶する子どもたち』〔世界各地から集められた2000もの生まれ変わりの事例を徹底調査〕) ◎前世を記憶する子どもたち:アジア編 ――前世の両親と再会し生まれ変わりを確認/日本兵だったビルマの女の子 (書籍紹介『前世を記憶する子どもたち2』〔ヨーロッパ11カ国から厳選した、前世の記憶をもつ子供たちの事例〕) ◎前世の人格と現世の自分 ――生まれ変わりの6つの条件/前世からもち越された行動や感情/最後に行き着いた生まれ変わり現象 (書籍紹介『転生した子どもたち』〔ジム・B・タッカー著。スティーヴンソン教授の後を継ぐ児童精神科医の転生研究〕) ある高名な精神科医は、スティーヴンソン博士こそ「20世紀のガリレオ」だと語ったそうですが、生命についての「現代の常識」に科学的証拠をもって異を唱え続けた博士の著作を世に出すお手伝いができたことは、編集者として「ガリレオのメッセンジャーボーイ」ぐらいの役には立てたのかな、と感無量のものがあります。 私自身、今では人間の生まれ変わりをちょっと疑うことができなくなりました。こうした特集を機に、もっともっと多くの方々に、博士の発見した驚くべき事実を知っていただければと思います。(HT) ----------------------------------------------------------------------- なお、「ムー」の講読はこちらから申し込めます。 ・学習研究社 http://shop.gakken.co.jp/ ・Fujisan.co.jp http://www.fujisan.co.jp/