header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
  マイページ

ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
日本教文社 -総合情報ページ- >  > 人生の断想 谷口清超新書文集10

人生の断想 谷口清超新書文集10

「人生」とは何か?と問われてもなかなか一口には言い表せません。
一人一人が個性を持っていて、同じ人生を生きる人は一人もいないからです。

人生は、永遠のいのちと無限の可能性を持った、様々な人間が登場して織りなす、終わりなき舞台のようなものであると、生長の家前総裁である著者は、常に説いています。
本書は、そのいくつかの舞台で上演され、繰り広げられた人間模様と人生ドラマを宗教的見地から詳解した人生論です。

例えば、若人、美と悦び、豊かな心、自由と秩序、生命の輝き、人生など、各章は生命感溢れる力強い言葉で、様々な角度からこれらのテーマに迫ります。
「人間はバラバラではない、がまた同じでもないという不思議な存在である。それらが動き、考え、行動し、干渉し、与え、奪い、そして協力し合って織りなす一大ドラマが『人生』なのである」人間の本性は実に素晴らしいものです。
無限の宝がどこかに必ず隠されています。その素晴らしい人間が様々な人生を経験し、その中に永遠のいのちを展開していくのが真の人生であることを自覚するならば、心からこの世を楽しみ、あらゆることに感動し、力一杯の人生を送ることが出来るのです。

「神の子・人間」への限りない畏敬の念をもって、人生の真実について説き明かされた本書は、万人のための人生指針の書です。

人生の断想