前世を記憶する子どもたち2 ヨーロッパの事例から スティーヴンソン,I.(イアン) (著) , 笠原敏雄 (訳)

本の紹介

ある日突然、ヨーロッパの子どもたちが語り始めた過去世の記憶……。 人間の「生まれ変わり」の真実に迫った画期的研究!

ロングセラー『前世を記憶する子どもたち』で南アジアなど8文化圏の生まれ変わり事例を多数紹介した著者が、今回はヨーロッパ11カ国から厳選した40例の驚くべき前世の記憶をはじめて詳細に報告。人間の死後生存を読者に確信させる劇的なエピソードを多数収録した、40年以上の調査に基づく生まれ変わり研究の新たなる名著。人間の死後生存の、新たなる証拠がここにある!

前世を記憶する子どもたち2

【本書に登場する人々の実例より】
*ジェイムズ・フレイザー(イギリス:前世は16世紀スコットランド高地での戦いに参加した戦士?)
*カール・エドン(イギリス:前世は第二次世界大戦のバトル・オブ・ブリテンで、同地域で撃墜されたドイツ空軍のパイロット?)
*デヴィッド・ルウェリン(イギリス:前世はユダヤ人で、ナチの強制収容所で死亡?)
*グレアム・ルグロ(イギリス:前世は1930年に墜落したイギリスの飛行船R101の乗員?)
*ジリアン・ポロックとジェニファー・ポロック(イギリス:同一家族の双子の姉の生まれ変わり?)
*ヘルムート・クラウス(オーストリア:前世は第一次世界大戦のイタリアで戦死したウィーン在住の将軍?)
*ゲデオン・ハイハー(ハンガリー:前世はアフリカの部族民?)
*パーヴォ・ソルサ(フィンランド:前世は父親に撲殺され、異父兄弟として生まれ変わる?)
*トマス・エヴァンズ(イギリス:前世は中世の時代に修道僧に絞首刑にされた異端者?)
*ウィニフレッド・ワイリー(イギリス:前世はワーテルローの戦いで奮戦した英軍将校?)
*ジョン・イースト(イギリス:前世は19世紀のビルマ戦争で現地の愛人に刺殺された若き将校?)
*トラウデ・フォン・フッテン(ドイツ:前世は十字軍遠征で夫を亡くした、11〜13世紀ドイツの孤独な女城主?)
*ルプレヒト・シュルツ(ドイツ:前世は19世紀末に破産して自殺した、ドイツの港町の海運業者?)
*ヘンリエッテ・ルース(オランダ:前世は18世紀のスペインの大画家ゴヤの晩年の愛人の娘?)……他

User Review

みんなのレビュー

小説『月の満ち欠け』で紹介されていたのをきっかけに

映画の『月の満ち欠け』を見る→原作小説も気になって読む→原作小説の中で、『前世を記憶する子どもたち』を読む→続編の『前世を記憶する子どもたち2』を読むという流れでここまで辿りつきました。今作も面白い物語がたくさん収録されており、大変読み応えがありました。もし本当に前世があるなら、今生での努力は来世に繋がっていくということになるので、どうせ死んだら何もかも消えるんだから無意味なんて思ってしまい、人生を悲観している人こそ、読めば前向きになれると思います!

目次

序言/読者の方々へ
第1部:ヨーロッパ人の生まれ変わり信仰
第2部:二〇世紀初頭三〇年間の未調査例
  ・事例報告
  ・古典的事例に関するまとめ
第3部 二〇世紀後半に調査された事例群
  ・事例報告――子どもたち
  ・事例報告――反復する夢や鮮明な夢
  ・事例報告――その他
第4部:全般的考察
付録――本著でふれられた事例報告の一覧
参考文献/索引

プロフィール

スティーヴンソン,I.(イアン)1918年、カナダ・モントリオールに生まれる。44年、マッギル大学医学部卒業後、ルイジアナ州立大学精神科を経て、57年、ヴァージニア大学精神科主任教授に就任、61年に、生まれ変わり型事例の実地調査を開始。68年、同大学に超心理学研究室(1987年に人格研究室と改称)を開設。2002年に研究室の責任者を退いた後も、精力的に研究を続けている。現代超常現象研究の最長老のひとり。
笠原敏雄1947年生まれ。早稲田大学心理学科を卒業後、北海道や東京の病院で心因性疾患の心理療法を続け、96年、東京都品川区に〈心の研究室〉開設。著書に『幸福否定の構造』(春秋社)、『希求の詩人・中原中也』(麗澤大学出版会)その他が、訳書に『前世を記憶する子どもたち』『生まれ変わりの研究』『超心理学史』『新版「あの世」からの帰還』『続「あの世」からの帰還』(以上、日本教文社)その他がある。
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA